目次





食品通販で注意すること
食品通販で注意すること皆さんは通信販売を利用したことはありますか?インターネットをしていれば、やったことのある人は多いのではないかな、と思います。

色々な物がありますが、今回は食品の通信販売について色々調べてみましたので、紹介します。 まず、食品の通信販売を利用する、したことのある人は、何を一番大事にして利用しているでしょうか。価格、生産地、ブランド、口コミ、販売元…

色々選択肢がありますが、安くても物が悪いと困りますよね。せっかく買ったのに美味しくなかった、なんてことになると勿体無いです。そんな品質の悪いものを掴まないためには、やはり販売元がどのくらいしっかりとした仕入れをしているか、ですよね。

まず一番に気を使ってほしいのは信用できる販売元かどうかです。 販売元が信用できる、というのはどのような場合でしょうか。値段を気にしなければ、大手百貨店では食品も通信販売していますよね。その場合、仕入先や生産元がわかっているので、詳しい話を聞きたければコールセンターなどに問い合わせることができます。

それに例えばじゃがいもなどの切ってみなければわからない商品などもありますが、自然界の食物は天気天候、様々な要因で不具合が発生する時もあります。それらを買って、いざ切ってみたら中身が黒かった、なんてことがあっても、きちんと対応してくれるので安心です。

大概、返金か商品を再度送られる二択になりますが、届いた商品を返品するにあたっても、宅配業者が直接引き取りにくるよう手配もしてもらえますので、安心できますね。 しかし、自己都合では食品の返品は基本的にできません。商品詳細を読むことはもちろん大切ですが、思ったより小さい、想像してたより色が鮮やかじゃない、などの理由では返品はできません。それを返品させろ!となってしまうと、販売先は正直迷惑でしかありません。

自分で買うときはきちんと情報を読んでおきましょう。また返品する時にはいつまでが返品期限なのか、送料や手数料がかかるかどうかもきちんと把握しましょう。そういったことを聞くためにもコールセンターはありますので、調べてもわからないときは素直に聞いてみましょう。

通信販売ではおおよそ代引き、クレジットカード、コンビニ払い、Pay-easyなどがメジャーな支払い方法だと思います。ここで気をつけてもらいたいのは、一度払ったあと、なんらかの理由でキャンセルまたは返品した場合です。クレジットカードによって、締日などが変わるので、キャンセルした翌月や翌々月に返金される場合があるので、こちらも受付担当の人かそれらの担当窓口がありますので、確認をしておかないと、お金が返されてない!なんてびっくりしてしまうことにもなりかねないので気をつけましょう。

コンビニ払いの場合、現金書留などで返金される場合もあります。販売元によって変化しますので、予め知っておくといいですね。 食品を買う際、気をつけるべきことはアレルギーです。もしなんらかのアレルギーがあるならば、製品の成分をきちんと見ておきましょう。中にはお弁当などでわからない時もあるかもしれません。

その場合も問い合わせ先があれば、調べてくれますし、そもそもそれらを調べてくれないところでは買わないことをお勧めします。そのような消費者に寄り添えない体質ですと、何かあった時に泣き寝入りをする羽目になるのは購入した自分です。安くてもきちんとした対応ができないところでは、安心して買えませんよね。情報をきちんと教えてくれるということは最重要事項と言えますね。

このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!